亜鉛メッキ(バレル処理)

三研工業トップ > 亜鉛メッキ(バレル処理)


亜鉛メッキ(バレル処理)・機械加工された比較的複雑な形状の素材にも、ほぼ均一な厚さでメッキすることができ、量産加工も問題なく処理できます。 金属塩(亜鉛)の水溶液に電流を流し化学的に加工物表面に金属(亜鉛)を還元析出させます。その後にクロメート処理をほどこします。当社の亜鉛メッキ(バレル処理)は3ラインで稼働しております。


(1)生産能力に自信があります
(2)ピン・ボルト・ナット・プレス品はおまかせください
 min Φ3.5 長さ 200mm まで可能です
(3)着色・その他表面処理もお任せ下さい

製造可能範囲・生産能力

▽製造可能範囲
(1)径  min 10mm M4ナット
(2)長さ max 150mm M14ボルト
(3)メッキ色 3価クロメート処理(クリア、黒)
      (ベーキング炉併設)


  • 小バレルライン(ベーキングあり)
    小バレルライン
    (ベーキングあり)


    生産能力:10kg×80バレル×8H
  • 60kgバレルライン(ベーキングなし)
    60kgバレルライン
    (ベーキングなし)


    生産能力:60kg×30バレル×8H
  • 100kgバレルライン(ベーキングあり)
    100kgバレルライン
    (ベーキングあり)


    生産能力:100kg×15バレル×8H

製品代表例

・ビン
・ボルト
・ナット

製品代表例


このページのトップへ

メッキ加工,金属表面処理は愛知県三河安城の三研工業

メッキ加工、金属の表面処理加工のことなら技術と安心の三研工業
主要対応エリア:愛知県三河を中心とした県内をサポートしています。県外からのご依頼も対応が可能な場合もございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。